頭皮が気になる40代は読んでみて!男の炭酸シャンプー「シンフォート」を紹介↓↓↓

今どきの恋愛事情を演じる、有村架純と松本潤の恋愛模様に共感の嵐!?

 

2006年に「この恋愛小説が凄い!」に選ばれた名作が12年の歳月を経て実写化されます。

 

そして、過去に兄妹役で演じていた有村架純と松本潤の2人が、

 

今作品『ナラタージュ』では恋人役になるのも話題の1つです。

 

「もがいても報われない恋愛もあるんだ。。。」

 

と有村架純は役を通じて松本潤に本当に恋をしていたかのようなコメントも、

 

映画『ナラタージュ』の結末を匂わせています。

 

映画は小説と同じ結末なのかも気になりますよね。

 

 

[adsense]

 

あらすじについて

 

大学2年の泉(有村架純)の元に、葉山(松本潤)から連絡が入る。

 

「泉の母校の高校卒業制作を手伝ってもらえないかな?」

 

3年ぶりに葉山の声を聞いて、封印していた高校時代の、あの苦い記憶も甦る。

 

恋愛対象として担任の葉山に恋していた泉。

 

しかし、生徒と教師では問題も多く叶わなかった葉山への想い。

 

高校ではコミュニケーション下手でイジメの対象にもなっていた泉だったが、

 

本来の聡明で明るい人柄にプラスされて、女性としても魅力が増した泉に葉山は告白する。

 

「妻とは別れた」

 

高校を卒業して生徒と教師の関係で無くなった泉と葉山は、

 

年月を埋めるように愛し合う。(心の繋がりが大きくて、体の関係は無い。)

 

ただ、葉山には泉に隠くしていた内容があり、泉との関係にも大きな影を落としていく。

 

そんな中、泉の前に葉山への気持ちを知りながら告白する男性が現れて展開は変わっていく。

 

泉と葉山の恋愛は、誰にでも起こる・訪れる恋愛です。

 

両想いになるか、フラれるか。

 

今作は、女性の泉の立場にも男性の葉山の立場にも、それぞれ共感してしまいそうな映画です。

 

[adsense]

 

キャストについて

 

工藤泉役:有村架純

 

2013年NHKドラマ「あまちゃん」で小泉今日子の若い頃を熱演し注目が集まったのをキッカケに、テレビや雑誌、広告にと毎日どこかで見かける存在に。

 

これまでに以前に出演した作品の中でも、ナラタージュのように恋愛を演じた物語は無いのでは?

 

有村架純は、清純なイメージもありますが、

 

予告動画や映画のパンフレットでは妻帯者の松本潤との抱擁が写っていて、

 

ナラタージュ本編では、一体どうなるのかワクワクしますよね。

 

有村架純が「辛い撮影だった。」と泉を演じるにあたり話していました。

 

役になりきっていたからこその発言ですよね。

 

禁断の恋愛/不倫への葛藤なども、作品から感じそうですよね。

 

 

葉山貴司役:松本潤

 

全身シースルーの衣装でデビューした嵐の時の若さだけの松本潤から、

 

大人の艶っぽさを得た松本潤は、「見たことのない松本潤」を念頭にナラタージュでの葉山を演じきったそうです。

 

泉(有村架純)を生徒として気にかけつつ、別居中の妻を忘れて(隠して)、いつの間にか泉に依存してしまう、難しい役どころ。

 

 

小野玲二役:坂口健太郎

 

スラリとしたスタイルと端整な顔立から塩顔男子の代名詞となり、

 

モデルだけでなく俳優としても、若い世代の代表格になりつつある人気のある方ですよね。

 

ナラタージュでは泉への一目惚れから交際に発展しますが、想いが熱すぎて暴走してしまう。

 

坂口健太郎は、役について「繊細な面もあり、少しづつ人格が崩壊していくのは難しい役でした。」と明かしていましたが、

 

監督は「彼の笑みが破顔するのは、小野役にピッタリ、将来が楽しみな俳優です。」と二重丸をもらっています。

 

 

山田志緒役:大西礼芳 (おおにし あやか)

学生の無名な演技の経験0時代に、映画女優として華々しくデビューして以来、

 

様々なドラマや映画に出演しています。

 

ブログではナラタージュでの配役はまだ秘密にしています。

 

年齢的に泉の同級生でしょうか?または物語の佳境に登場する後輩役でしょうか?

 

 

塚本柚子役:神岡実希

 

東京都の秋葉原にある劇場で、アイドルグループとしても活躍している神岡実希はこれからの女優やアイドルとしての成長段階です。

 

ナラタージュでの配役は、情報が解禁するまでは口外しないようにしているようです。

 

若さからして柚子役でしょうか。

 

柚子は泉の後輩ですが、誰一人として柚子の転機に気がつかずに、悲運を迎えてしまいます。

 

 

新堂慶役:古舘祐太郎

父親はアノ古舘伊知郎です。

 

ミュージシャンとしても活躍しつつ俳優としても、古舘祐太郎の存在を確固たるものにしつつありますよね。(バンドは2015年に無期限の活動停止を発表しています。)

 

ナラタージュでの配役は未発表ですが、予想としましては、柚子の友人役です。

 

柚子は想いを寄せますが、新堂は気がつかずに、そこが新堂のターニングポイントとなり後に失踪してしまいます。

 

 

葉山美雪役:市川実日子

子役モデル時代から一線を走っている市川実和子。

 

大活躍の女優でもあり、親しみのある雰囲気です。

 

ナラタージュでは葉山の訳あり妻を演じています。

 

予告動画では、葉山とのツーショット写真が笑顔なのが印象的に映りました。

 

 

宮沢役:瀬戸康史

 

テレビや映画、脇役から主演、優等生役もチャラチャラした愚男も幅広く活躍していますよね。

 

しかしながら、初の行定勲監督の作品とあって「緊張もしています」と、語っていました。

 

ナラタージュでは有村架純の運命を握る重要な役です。

 

 

公開日はいつ?

 

10月7日(土)から全国公開です。

 

公式Twitterでは早くからナラタージュの撮影に使われた小道具などを観ることが出来ますので、

 

少しだけですが雰囲気を味わうことが出来そうです。

 

また、初回ならではのノベルティもグッズ内容が気になりますね。

 

上映期間は人気に応じて決まるようです。

 

 

原作は島本理生の恋愛小説

 

ナラタージュは2005年に発売された小説でして、

 

作者は島本理生(しまもと りお)です。

 

翌年には、本屋大賞に入選したり、

 

不倫を扱いなからも爽やかな作風が高評価で

 

恋愛が凄い2006年度の1位」と有名になりました。

 

物語は、泉の視点から女性目線で、高校時代から結婚するまでを語ります。

 

葉山の視点でも読んでみたくなりますが、特別に映画では葉山視点でも描かれているそうです。

 

小説と映画を合わせて見比べてみたいですね。

 

また、作者の島本理生は、

ナラタージュは思春期の恋愛を全て書き込んだ作品。」と語っており、半年かけて仕上げたそうです。

半年の執筆期間で腱鞘炎になってしまったそうです。

 

チカラの入れ具合が体にも現れていたんですね。

 

ナラタージュの意味は?

 

ナラタージュの意味って気になりますよね?

 

英単語かな?と思ったのですが、どうやら造語のようです。

 

ナラタージュの意味は

映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法

 

ナレーションとモンタージュの合成語のようです。

 

 

主題歌は野田洋次郎!

 

主題歌は、突き刺さる歌詞が共感を得て絶大な人気のRADWIMPSの野田洋次郎が担当しています。

 

アニメ映画の「君の名は」でも楽曲を提供してRADWIMPSファンを拡大した野田洋次郎

 

また、主題歌の欄にadieu(アデュー?)との記載もあり、

 

予告動画では洋楽と言うより交響曲系が流れていましかたが。。。

 

当日の劇場で、どのように流れてくるのかタイミングも含めて聞けるのが楽しみですね。

 

ちなみにアデューは、フランスでの挨拶に使われます。

 

意味としては「さよなら/きっと もう会えない人へ向けての さよなら」です。

 

もしかして、物語との繋がりをもたせているのかもしれません。

 

さらに行定勲監督曰く、主題歌については公開まで秘密だそうですが、

 

主題歌を「良い曲ですよ。」「凄い人が作詞作曲していますが、歌い手は別の人。」と太鼓判でした!

 

ナラタージュではRADWIMPSが映画を盛り上げて、より情感的な作品になりそうですね!

 

嵐が出演する?

 

主題歌で嵐が歌わないのは決定事項ですが、

 

嵐の出番はナラタージュでもありそうです。

 

(これまで嵐のメンバーが主演している映画やテレビドラマ時に、他のメンバーが出演することがほぼお約束になっています。)

 

少し分かっている情報としては、ナラタージュの葉山先生の使う教科書の出版社が「二宮出版社」と言う設定になっていました。

 

物語を楽しみつつ、他のどこに嵐が出演しているかも見どころの一つになりそうです。

 

試写会への参加方法は?

 

参加方法は、ズバリ嵐がイメージキャラクターを務めているJALを利用して抽選に当選すること。

 

国内線に2回搭乗することが応募条件となっています。

 

航空機を利用している方には有利ですよね。

 

かなり限定された参加条件に感じますが、

 

それだけに参加倍率は下がって試写会当選は上がりそうですから嬉しいですよね。

 

搭乗期間 2017年7月3日(月)~8月6日(日)

応募期間 2017年7月7日(金)~8月10日(木)23:59迄

試写会  2017年9月17日(日)  200組400名

 

対象路線や応募方法等、くわしくはJAL特設サイトをご確認ください!

▽JAL特設サイトはこちら
http://www.jal.co.jp/narratage_cmp/

 

試写会では、松本潤と行定勲監督の2人のみが登場します。

 

他の共演者が不在なのは寂しい気持ちがありますが、

 

嵐のコンサートなどの演出を松本潤が手掛けているので、演出と言うカテゴリーでの熱い話も期待できそうです。

 

また、試写会は松本潤の誕生日8月30日(水)後になるので、なにかしらのサプライズもあるかもしれません。

(憶測ですが、試写会に有村架純が居ないのは、双方のファンへの配慮かもしれませんよね。)
また、行定勲監督はナラタージュの撮影前に「大人の恋愛映画を作りたい。」と意気込んで話していたので、松本潤と有村架純との話題のシーンの裏話など披露してくれそうな雰囲気ですよね。
(2016年8月22日に撮り終えたそうですから、1年前を思い出して。)

 

舞台挨拶はあるの?

 

試写会とは別に舞台挨拶も通常は開かれます。(人気が予想されているものに限ると思います。)

 

ただ、舞台挨拶の応募方法や開催地/時期などは発表されていないので、

 

ナラタージュの映画チケットが発売される8月前後になにかしら発表がありそうです。

 

映画館窓口とインターネットは、ダブルで要チェックです!

 

余談ですが、舞台挨拶も都内かもしれないと予想しがちですが朗報です。

 

先に公開された同じ嵐グループの大野智「忍びの国」では、舞台挨拶を全国生中継(劇場)していました。

 

その時は、舞台挨拶と全国中継は抽選だったそうです。抽選に当選したいですよね!

 

予告動画を見た感想

「壊れるくらい、あなたが好きでした。」がキャッチフレーズのナタラージュですが、ちょっと苦い想いが甦りそうですよね。

 

ナラタージュは、恋愛とはいえ不倫をテーマにしています。

 

ですが、予告からは不倫を感じる場面が少なく感じました。

 

ただ、物語は全体的に薄暗い画面に感じて、禁断の恋を映像的にも盛り上げている雰囲気です。

 

また雨模様が多く、どこか恋愛時の人恋しさを思い出しそうです。

 

予告は現在から過去へと進みます。

 

過去も現在も、有村架純が演じる泉の言動が全て、恋をしている葉山先生役の松本潤への求愛に溢れていて、学生時代のシーンでは観ていてキュンキュンしました。

 

本当に有村架純の可愛さにキュン死にしそうです。
(男性にウケそうな言動は、個人的に心のノートにメモしました。)

 

そして、葉山は先生なので、小道具として松本潤のメガネ姿に知的さと物寂しげが漂うあたり、

 

松本潤も大人になったのね。と感慨深くなりました。

カッコいいしか言葉が浮かびませんでした。

そんな松本潤のダテメガネの威力の不動さを確認したり、坂口健太郎からの「2番目でもいいから彼氏になりたい。」と言う熱い想いにも有村架純がグラついたり、

恋愛映画ならでは約束事もあって、楽しめる要素もありそうです。

小説に出てくる「葉山先生に会う確率は0に近い。」と言う泉の言葉の真意も、映画では どうなるのかも気になります!!

予告動画を観て、もっと物語の先を知りたくて劇場で観たくなる人が続出しそうな予告でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

こちらに記載した内容だけでも、松本潤が現実に先生だったら、本当に恋しちゃいますよね。

 

それに、生徒が有村架純だったら、教師を辞めて求婚したくなるかもしれませんよね。

 

有村架純が、過去を思い出しながら進む物語なので、

 

結末はハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、かなり気になりますが、

 

劇場で二人の恋愛を第3者になって、見届けてみませんか?

 

[adsense]

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事