秋山正雲(二松学舎大付)の出身中学や進路は?ドラフト候補の可能性は?

夏の甲子園2021、東東京代表・二松学舎大付高校のエース、秋山正雲(あきやませいうん)選手を紹介します。

 

春の都大会・準決勝で日大三に接戦の末に敗れたことで火がつき、エースの自覚に目覚めたという秋山選手。

 

夏場の連投を想定して1日も欠かさずブルペンで投げ込みを敢行しスタミナをさらにアップさせたそうです。

 

今回は、「秋山正雲(二松学舎大付)の出身中学や進路は?ドラフト候補の可能性は?」についてはまとめてみましたので、

 

ぜひつづきをご覧ください。

秋山正雲(二松学舎大付)の出身中学はどこ?

プロフィール

名前:秋山正雲(あきやませいうん)

出身地:千葉県

生年月日:2003年4月29日

身長:170cm

体重:75kg

投打:左投左打

ポジション:投手

 

秋山正雲選手の出身中学は流山市立東深井中学校です。

 

中学時代は東京都荒川区の荒川リトルシニアに所属。

 

中学2年のときに「リトルシニア全国選抜野球大会」に出場し、2回戦まで進んでいます。

 

 

 


出典:Googleマップ

 

 

秋山正雲選手は、小学校1年生から流山カージナルで軟式野球を始めました。

 

小学6年のときにはセレクションを突破して東京ヤクルトスワローズジュニアでもプレー。

 

その後、流山市立東深井中学校から二松学舎大付高校に進学して今に至ります。

秋山正雲(二松学舎大付)の進路は?ドラフト候補の可能性は?

 

秋山正雲選手は高校卒業後の進路について、今のところ明言していないようですね。

 

しかし、プロの注目度は高く、中位〜下位のドラフト候補だと思われます。

 

身長170cmと小柄ではありますが、バテない無尽蔵のスタミナを持っていますし、

 

140km/h前後の伸びのあるストレートの他、カーブ、スライダー、落差のあるチェンジアップを武器に安定した投球を見せてくれます。

 

同じ左腕であることから、二松学舎大付高校のOBである現巨人の「大江竜聖2世」の呼び声が高いんですよね。

 

高校時代の大江投手と比べると、球速は劣るものの、制球力が安定していると高評価を得ています。

 

夏の甲子園を経て、さらに球威、球速がアップすればドラフト指名は間違いないでしょう。

 

東東京大会の投手成績

5試合 32回1/3 被安打18

奪三振39 与四死球6 失点2

防御率0.56 奪三振率10.64

 

東東京大会の打撃成績

5試合 11打数7安打 打点5

二塁打1 三塁打0 本塁打1

三振1 四死球2 犠打2 盗塁0

打率.636

 

東東京大会の成績

3-0  東京成徳大(完封勝利)

7-0  高島

7-0  広尾(本塁打を放ちコールド勝ち)

10-1  淑徳

4-2    帝京

5-1    関東第一(3安打完投)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事