記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
笹生優花の読み方や国籍は?父の職業や母についても調査した!

女子プロゴルファーの笹生優花プロ。ルーキーイヤーの2020年にツアー2勝を挙げ、女子プロゴルフで初の21世紀生まれの優勝者となり注目を集めました。

 

今回は「笹生優花の読み方や国籍は?父の職業や母についても調査した!」についてまとめてみました。

 

ぜひつづきをご覧ください。

目次

笹生優花の読み方は?

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka Saso(@yukasaso_official)がシェアした投稿

特徴的な名字の笹生優花プロ。

 

なんと読むのでしょうか?

 

笹生優花プロの名前はさそうゆうかと読みます。

 

笹生という名字は千葉県南部に多く、日本全国でおよそ3,100人ほどいるそうです。

笹生優花の国籍は?

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka Saso(@yukasaso_official)がシェアした投稿

 

笹生優花プロについて調べていると「国籍」というキーワードで検索している人が一定数いるみたいです。

 

笹生優花プロは2001年6月20日、日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、6歳のときに日本に移住しました。

 

そして、小学3年からは再びフィリピンへ。現在は日本に住んでいます。

 

ですので、日本とフィリピンの国籍を持つ重国籍者です。

 

日本の国籍法は単一国籍が原則ですので、笹生優花プロは22歳になるまでにどちらかの国籍を選択することになります。

 

笹生優花プロはフィリピン代表として東京オリンピック出場を表明しているので、まだどちらの国籍も保持しているのでしょう。

笹生優花の父の職業は?

 

笹生優花プロは父・正和さんの影響で8歳からゴルフを始めました。

 

正和さんはいったいどんなお仕事をされているのでしょうか?

 

調べてみたのですが、職業についての情報は見あたりませんでした。

 

笹生優花プロは正和さんが43歳のときに生まれた子どもということですので、現在の正和さんの年齢は62歳か63歳です。

 

笹生優花プロは小学3年のときにプロゴルファーになるために、単身で母の実家があるフィリピンに渡っています。

 

というのも、フィリピンでは親がコースの会員であれば、未成年の子どもは無料でプレーできる環境だからです。

 

正和さんが日本とフィリピンを何度も往来してゴルフを教えたとそうですから、正和さんは日本で自営業か会社員をされていたと推測されます。

笹生優花の母はどんな人?

 

笹生優花プロの母親はフィリピン人で、名前は笹生フリッツイさんといいます。

 

23歳のときにフィリピンで笹生優花プロを産んでいますので、現在の年齢は42歳か43歳と思われます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事