hagiwara kyohei

格闘技イベントRIZINの注目ファイター萩原京平選手

 

2020年の大晦日大会では、MMAデビュー戦の平本蓮選手との煽りあいが注目されたなか、

 

その試合に見事TKO勝利!

 

萩原京平選手とはいったいどんな人物なのでしょうか?

 

今回は気になる出身地や身長体重などのプロフィール、

 

そして地下格闘技からRIZINまでの戦績、入場曲についても調べてみました。

萩原京平の経歴プロフィール

名前:萩原京平(はぎわらきょうへい)

出身地:大阪府豊中市

生年月日:1995年12月28日

年齢:25歳(2021年3月現在)

身長:178cm

体重:72kg

所属ジム:SMOKER GYM

異名:アンダーグラウンドエンペラー

アマチュア戦績:20戦18勝2敗

プロ戦績:8戦5勝3敗(2021年3月現在)

萩原京平の出身地は大阪府豊中市で治安が悪い?

oosaka

萩原京平選手の出身地は、大阪府豊中市です。

 

豊中市は府内でもあまり治安のよろしくない地域だそうで、

 

上町と下町があるなかでも、萩原選手はより治安のよくない下町が地元だと自ら言っています。

 

ちなみに、豊中市からは多くの有名人が輩出されていまして、

 

格闘家では、Kー1で活躍されたキックボクサーの中迫剛さんが有名です。

 

他には、ココリコのおふたりや藤井隆さん、B'zの松本孝弘さん、女優の真矢みきさん等がいらっしゃいます。

 

萩原京平の身長、体重は?

萩原京平選手の身長と体重について、

RIZINの公式サイトでは

 

身長:178cm

体重:72kg

と公表されています。

 

萩原選手がRIZINで戦っている階級は、

 

フェザー級(66.0kg以下)です。

 

72kgというのは、試合がないときの普段の体重でしょう。

 

萩原京平の学生時代は?意外にもスポーツマンだった?

萩原選手の学生時代について気になることはといえば、

 

中学、高校時代はどれだけやんちゃだったの?ではないでしょうか?

 

まず過去の発言から萩原選手は高校には通っていないと思われます。

 

あるインタビューで、「○○は高校時代のことですか?」と聞かれたときに

 

萩原選手は「年齢でいったら高校生になりますね」と答えていたので、

 

高校には進学していないと推測されます。

 

中学生時代は後述する格闘技ジムを溜まり場にしていたそうです。

 

本人曰く、「運動神経がいいほうではないけど、球技は昔から何やってもうまかった。一番得意なのは野球。他にもサッカー、ラグビー、卓球。バドミントンもめっちゃうまい」とのことです。

 

萩原選手の見た目(全身に入ったタトゥー)からどうしても喧嘩に明け暮れていたようなイメージを持っていましたが、意外にも体を動かすことが好きなスポーツマンだったようです。

 

萩原京平が格闘技を始めたきっかけは?

kakutogi-mma

萩原選手が格闘技を始めたきっかけは中学生時代にあります。

 

豊中の地元に24時間開放されている総合格闘技のジム(リングやシャワーも完備)があり、

 

そこで友達とスパーリングトーナメントで遊んでいました。

 

総合格闘技のジムといっても、いわゆる地下格闘技に出場する人ばかりで、

 

萩原選手が17歳の頃に、ある友人が地下格闘技の試合に出たことに刺激をうけて、萩原選手自身も試合に出場するようになりました。

 

それからは、鬼のスパンで地下格闘技に参戦するようになった萩原選手。

 

2日前のオファーを受けたり、毎週試合に出たりとまさに鬼のスパンです。

 

RIZINのリングでも堂々たる試合をするのはこの頃の経験が大きいのでしょう。

 

萩原選手自身が覚えているだけで20戦はこなしており、デビュー戦とあと1、2試合負けたくらいであとは勝っているそうです。

 

萩原京平がプロ格闘家として本気でやろうと思ったきっかけは?

アマチュアとして日本中の地下格闘技大会に鬼スパンで出場しまくり、2017年3月にはDEEPでプロデビューを果たした萩原選手。

 

2018年10月、プロ2戦目は韓国のAFC(ANGEL’S FIGHTING CHAMPIONSHIP)に参戦した萩原京平選手。

 

そこは今まで出たどの大会よりも華やかな舞台だと感じたそうです。

 

それまでは、何も考えずにがむしゃらに戦っていましたが、華やかな舞台であっさり負けてしまったことで、本気でプロとしてやっていこうと萩原選手は決心しました。

 

萩原京平の入場曲は?

萩原選手の入場曲は、『Dr.Dre ft.Snoop Dogg』の『The Nest Episode』というヒップホップの曲です。

 

iTunesで買えます。

 

ドクタードレーで検索するとすぐ見つかります。

萩原京平の戦績は?

萩原京平選手のアマチュアデビューは17歳のとき。

 

アマチュア格闘技での戦績は20戦18勝2敗と公表されています。

 

しかし、RIZINのインタビューでは「覚えているのがだいたいそれぐらい」と発言していますので、実際は30戦以上しているのかも知れません。

 

対して、プロ格闘技のデビューは2017年3月26日のDEEP SAITAMA IMPACT 2017と記録されています。

 

2021年3月現在のプロ戦績は8戦5勝3敗。

 

デビュー当初は黒星が先行したものの、2019年からは5勝1敗と大きく勝ち越しています。

 

1戦目
2017年3月26日 DEEP SAITAMA IMPACT 2017
●萩原京平 vs. 荒井真人○
2R 1:36 腕ひしぎ十字固め

 

2戦目
2018年10月15日 AFC8
●萩原京平 vs. イ・ミング○
1R 1:20 腕ひしぎ十字固め

 

3戦目
2019年11月4日 KROSS×OVER7
○萩原京平 vs. KAZ●
1R 1:38 スリーパーホールド

 

4戦目
2020年2月23日 GLADIATOR 012 × 1MC in OSAKA
○萩原京平 vs. 浅井亮磨●
2R 0:54 TKO(パウンド)

 

5戦目
2020年8月9日 RIZIN.22 - STARTING OVER -
○萩原京平 vs. 白川陸斗●
3R 4:40 TKO(スタンドパンチ連打)

 

6戦目
2020年9月27日 RIZIN.24
●萩原京平 vs. 芦田崇宏○
1R 4:25 アームロック

 

7戦目
2020年11月21日 RIZIN.25
○萩原京平 vs. 内村洋次郎●
1R 0:22 KO(右ストレート)

 

8戦目
2020年12月31日 RIZIN.26
○萩原京平 vs. 平本蓮●
2R 1:29 TKO(パウンド)

 

こちらも読まれています

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事