クレベルコイケの戦績と入場曲は?朝倉未来戦の結果を予想してみた!

6月13日に東京ドームで開催される格闘技イベント『RIZIN.28』にクレベルコイケ選手が出場します。

 

対戦相手は登録者数178万人を誇るYouTuberでもある朝倉未来選手。

 

底の見えない強さで勝ち続けているクレベル選手を、「止められるのはおれしかいない」と対戦相手に選んだのは朝倉未来選手自身です。

 

この試合は国内フェザー級屈指のカードとして語り継がれる名勝負になるのではないでしょうか。

 

今回はクレベル・コイケ選手の、

 

・プロフィールは?
・戦績は?
・入場曲は?
・vs朝倉未来の勝敗予想

 

以上の話題についてまとめていきたいと思います。

 

つづきをどうぞ!

クレベルコイケのWikiプロフィール

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

プロフィール

名前:クレベル・コイケ・エルブスト

出身地:ブラジル

生年月日:1989年10月16日

年齢:31歳(2021年5月現在)

身長:178cm

体重:66kg

リーチ:179cm

階級:フェザー級

所属:ボンサイ柔術

 

クレベル・コイケ選手はブラジル出身の柔術家(黒帯)であり総合格闘家です。

 

14歳のときに出稼ぎのために来日。静岡県浜松市にあるボンサイ柔術で練習に励んでいました。

 

この柔術道場には、先にRIZINに参戦しているホベルト・サトシ・ソウザ選手とそのお兄さんのマルコス・ヨシオ選手も在籍しています。

 

クレベル選手は数々の柔術大会で目覚ましい結果を残すものの、素行がやんちゃでマルコス選手からは度々怒られていたそうです。

 

ある時などは、あまりの問題行動にマルコス選手が激怒し、クレベル選手に破門を言い渡したところ、サトシ選手が「おれがしっかり面倒みるから」と泣きながらかばったこともあったのだとか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

クレベル選手がRIZINのリングに上がるきっかけとなったのも、先に参戦していたサトシ選手が試合後のマイクパフォーマンスで会場のファンと榊原代表に向かって涙ながらに訴えかけたから。

 

クレベル選手とサトシ選手たちは仲間というより、もうほとんど家族のような関係なんですよね。いや、もしかたら実際に家族なのかも知れませんがとにかくブラジルの人は情に厚い人達なんだなとその時に思ったのです。

 

クレベルコイケのTwitterアカウント

5月4日、RIZIN28の朝倉未来戦が発表された後にクレベル選手がツイッターアカウントを開設していました。

 

ポルトガル語なので検索しても見つけられないかもと思い、ここで紹介させていただきました。

 

 

クレベルコイケの戦績は?

クレベルコイケ選手はこれまでに総合格闘技で33戦しています。

 

通算戦績は、

 

33戦27勝5敗1分け

 

27勝の内訳は、KO勝ちが2、一本勝ちが23、判定勝ちが2

 

5敗の内訳は、KO負けが0、一本負けが1、判定負けが3、反則負けが1

 

となっています。

 

反則負けはローブローによるものです。そして一本負けしているのは意外ですね。

 

調べてみると、2009年プロ8戦目にDEEPの試合で北田俊亮選手に腕ひしぎ十字固めで敗れています。

 

柔道ベースの北田俊亮選手が相手とは言え、今のクレベル選手からは想像できない負け方ですね。

 

過去5敗中、3敗までがデビュー後8戦のうちに喫しています。

 

その後は、2015年11月28日のアルトゥル・ソウィンスキ選手戦と、2018年12月1日のマテウス・ガムロット戦でしか負けていません。

 

いずれもKSWフェザー級王座決定戦において3-0の判定負けです。

 

ちなみにですが、クレベル選手はKSWの他にパンクラスやRebel FC、RINGSなどにも参戦していて、

 

矢地祐介選手や芦田崇宏選手、そして現在は朝倉兄弟の後見人的な存在として有名な堀鉄平さんとも戦っているんですね。

 

残念ながらお三方ともバックチョークか三角絞めで葬り去られています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kleber Koike(@kleber_koike)がシェアした投稿

クレベルコイケの入場曲は?

 

クレベルコイケ選手の入場曲はこちらです。

Já Posso Suportar
(Pregador Luo)

iTunesストアでも購入できます。

クレベルコイケ vs. 朝倉未来の結果予想!

2021年6月13日、総合格闘技では18年ぶりに東京ドームで開催されるビッグイベントとなったRIZIN.28ですが、

 

このタイミングで「クレベルコイケvs.朝倉未来」という屈指のカードが実現したことは、今後のフェザー級戦線を占う上で大きな意味があるはずです。

 

事実上、勝ったほうがチャンピオン斎藤裕への挑戦権を得ることになるのではないでしょうか。

 

すでに世間的な認知度も高い朝倉未来選手ですが、念のため簡単にプロフィールをご紹介します。

 

朝倉未来プロフィール

名前:朝倉未来(あさくらみくる)

出身地:愛知県豊橋市

生年月日:1992年7月15日

年齢:28歳(2021年5月現在)

身長:177cm

体重:66㎏

所属:トライフォース赤坂

 

朝倉未来選手は2012年9月18日のプロデビュー以来、17戦しています。

 

プロ戦績は、

朝倉未来 戦績

17戦14勝2敗

14勝の内訳は、KO勝ちが8、一本勝ちが1、判定勝ちが5

2敗の内訳は、判定負けが2

 

さすがは路上の伝説。KO負けも一本負けもないんですね。

 

2つの判定負けはどちらも3-0のフルマーク。2020年11月、RIZIN.25の斎藤裕戦と2017年10月、ROAD FC043のイ・ギルウ戦によるものです。

 

 

クレベルコイケ選手の戦績は、

 

クレベルコイケ 戦績

33戦27勝5敗1分け

27勝の内訳は、KO勝ちが2、一本勝ちが23、判定勝ちが2

5敗の内訳は、KO負けが0、一本負けが1、判定負けが3、反則負けが1

 

 

単純に数字だけを見ると、クレベル選手は朝倉未来選手の倍の経験値を持っていることになりますね。

 

勝率はどちらも約82%。

 

クレベル選手の一本勝ちによる決着率は約85%。

 

朝倉未来選手のKO勝ちによる決着率は約57%

 

となっています。

 

圧倒的にクレベル選手の極めが強いですね。

 

典型的なグラップラー対ストライカーの対決といった構図です。

 

朝倉未来選手は強さと自らの発信力でRIZINを引っ張ってきた功労者です。一般的な認知度もクレベル選手の比ではありません。

 

しかし、多くの人が知らないだけで、クレベル選手の戦歴は朝倉未来選手より上だと思います。

 

 

クレベル選手はポーランドのMMA団体、KSWのフェザー級王者やシンガポールのRebel FCのフェザー級王者に君臨したことがあります。

 

朝倉未来選手はアウトサイダーの2階級王者でしたが、同団体はアマチュアないしセミプロレベルです。

 

過去の戦歴を鑑みてファイターとしてどちらが格上かは歴然かと思います。

 

ただし、RIZINでの立ち位置で言えば朝倉未来選手が格上とみなされるでしょうね。

 

編集中・・・

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事