記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
屋比久翔平の出身高校は?父と母や結婚相手についても

東京オリンピック2020、レスリング男子グレコローマン77キロ級で銅メダルを獲得した屋比久翔平(やびくしょうへい)選手をご紹介します。

 

今回は「屋比久翔平の出身高校は?父と母や結婚相手についても」に関して調べてみましたので、

 

ぜひつづきをご覧ください。

目次

屋比久翔平の出身高校は?

屋比久翔平プロフィール

名前:屋比久翔平(やびくしょうへい)

出身地:沖縄県名護市

生年月日:1995年1月4日

年齢:26歳(2021年8月現在)

身長:174cm

体重:77kg

所属:ALSOK

屋比久翔平の出身高校はどこ?

 

屋比久翔平選手の出身高校について検索している人が多いようです。

 

屋比久選手は沖縄県立浦添工業高校を卒業されています。

 

浦添工業といえば、タレントで漫画家の山咲トオルさんが有名ですね。山咲さんはデザイン科でした。

 

最近テレビでみかけませんがお元気でしょうか。

 

同じくデザイン科出身の漫画家に荒巻圭子さんがいます。

 

『ジェノムズ』という個性的な作品を描いてらっしゃいましたが、現在は漫画家を廃業されています。

 

そして、やはり浦添工業のレスリング部は全国大会レベルのようです。

男子ハンドボール部も必ずベスト8には入るほどの強豪校。

 

偏差値は39〜42といわれています。

 

勉強よりもクリエイティブな活動やスポーツなど自分の個性を磨くことのできる高校のようですね。

 

屋比久翔平の出身中学校はどこ?

 

屋比久翔平選手の出身中学は宜野湾市立嘉数中学校です。

 

同校出身の有名人は、歌手の南沙織さんや島袋寛子さん。

 

女優のあめくみちこさんや、俳優の嘉島陸さんがいます。

 

スポーツ関係では元プロ野球選手の金城宰之左さん、元サッカー選手の仲里航さん、元プロボクサーの仲里繁さんがいます。

 

様々なジャンルの著名人を輩出している中学校です。

 

屋比久翔平の出身大学はどこ?

 

屋比久翔平選手の出身大学は日本体育大学です。

 

卒業後は同大学の大学院に進んでいます。

 

大学院では減量方法を研究されていました。

 

現在、レスリングの所属はALSOKとなっています。

 

屋比久選手は現在横浜市に住んでいます。

屋比久翔平の父や母について

オリンピックの初出場ながら、グレコローマンスタイル77キロ級の銅メダリストになった屋比久翔平選手。

 

実は父親の保(たもつ)さんも過去にレスリングのトップ選手として活躍していました。

 

1989年の世界選手権代表選手でしたが、1992年のバルセロナ五輪の代表選考試合で膝の靭帯を断裂してしまい、オリンピック出場は叶わず。

 

現役を退くと、浦添工業高校のレスリング部監督をつとめ、息子の翔平さんに夢を託すことになります。

 

翔平選手いわく、「物心つくころから色んな人に、親父がいけなかったオリンピックにお前がいくんだ」と半分洗脳されてきたそうです。

 

しかし、洗脳だけではオリンピックにいけません。やはり屋比久選手の才能と努力の結果ですね。

 

そして、実は母親の直美(なおみ)さんも学生時代はアスリートでした。

 

高校2連覇の記録を樹立したやり投げ選手だったのです。

 

「太ももモンスター」といわれる屋比久選手のフィジカルはお母さん譲りなのかも知れませんね。

屋比久翔平の結婚相手は?

屋比久翔平選手は昨年結婚されています。

 

すでにご長男が誕生しているようですね。

 

結婚相手と思われる「やびくかなこさん」のツイッターアカウントに可愛い息子さんとの写真がアップされています。

 

可愛いですね〜!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事