吉村紗也香の出身高校や大学はどこ?身長や血液型についても

女子カーリング『北海道銀行フォルティウス』の吉村紗也香(よしむらさやか)選手。

 

4月30日からカナダで開催される世界女子カーリング選手権2021に参加されます。

 

ぜひ活躍して女子カーリングは『ロコ・ソラーレ』だけじゃないということを証明して欲しいですね!

 

今回は、チームの司令塔、スキップをつとめる吉村紗也香選手について迫っていきたと思います。

吉村紗也香のプロフィール(身長・血液型・生年月日 etc.)

吉村紗也香プロフィール

名前:吉村紗也香(よしむらさやか)

出身地:北海道北見市常呂町

生年月日:1992年1月30日

年齢:29歳(2021年4月現在)

身長:162cm

血液型:O型

趣味:いい香り集め

長所:粘り強さ

ポジション:スキップ

所属:北海道銀行フォルティウス

吉村紗也香の出身高校はどこ?

吉村紗也香選手の出身高校はどこなのでしょうか?

 

さっそく調べてみたところ、北海道常呂高等学校と判明しました。

 

常呂は「ところ」と読むようですね。

 

ちなみに、吉村選手の出身小学校は北見市立常呂小学校。出身中学校は北見市立常呂中学校です。

 

 

学校の公式ツイッターがあるのは珍しいですね。

 

常呂高等学校は北見市にある公立校で、地域がらカーリング活躍がさかんな学校です。

 

同校出身のカーリング選手には、『北海道銀行フォルティウス』のチームメイトでもある、船山弓枝選手、小野寺佳歩選手。

 

『ロコ・ソラーレ』の本橋麻里選手、吉田夕梨花選手らがいます。

 

 

吉村選手はバレーボール部に所属しながら、カーリングチーム『常呂高等学校WINS』の活動をおこなっていました。

 

2009年1月、高校2年で第4回全国高校カーリング選手権優勝。

 

 

同じ年の11月、高校3年のときには、同級生の小野寺佳歩選手をチームに引き入れてバンクーバー五輪代表決定戦に挑みましたが、

 

チーム長野に1勝2敗と惜敗。五輪の切符を逃してしまいました。

 

 

そして2010年、『常呂高等学校WINS』のメンバーとともに同じ大学に進学することに。



吉村紗也香の出身大学はどこ?

吉村選手が『常呂高等学校WINS』のチームメイトとともに進学した先は、札幌市清田区にある札幌国際大学という私立の4年制大学です。

 

偏差値はBF〜37.5といわれています。

 

同大の出身者には、EXILEのSHOKICHIさんや登山家の栗城史多さん、カーリング選手の石垣真央さんらがいます。

 

 

大学時代の戦績は、

 

ジュニア日本代表カーリング選手権を2010年から2012年まで3連覇。

 

パシフィック・アジアジュニアカーリング選手権を2011年から2013年まで3連覇。

 

2013年の世界ジュニアカーリング選手権3位。

 

など華々しい結果を残しています。

 

 

 

2014年に大学を卒業すると現在の北海道銀行に入校し、社会人チーム『北海道銀行フォルティウス』の一員として選手生活を始めることに。

 

北海道銀行では広報部にて業務をおこなっている吉村紗也香選手。

 

『北海道銀行フォルティウス』のホームページ更新などは吉村選手がやっているそうです。

 

吉村紗也香の出身高校や大学はどこ?身長や血液型についても まとめ

今回は、吉村紗也香選手の出身高校や大学についてお伝えしました。

 

カーリングが盛んな地域に生まれて、まるでカーリングの申し子のような好成績を残してきた吉村選手。

 

ピンチのときでも「負けていても最後まであきらめない」という気持ちでプレーに臨んでいるそうです。

 

世界の舞台でも持ち前の粘り強さで活躍して欲しいですね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事