hiramotoren

「新生K-1の申し子」からUFC王者を目指してRIZINに参戦している平本蓮選手。

 

MMA初戦は敗北となりましたが、「おれはまだ負けてねえ」と心はまったく折れていません。

 

全身の入れ墨からイメージされる不良キャラと、SNSでの煽りというファンサービスが注目を浴びています。

 

今回はそんな平本蓮選手について調べてみました。

 

つづきをご覧ください。

平本蓮の経歴プロフィール

平本蓮(ひらもと れん)

本名:平本蓮

通称:唯我独尊オオカミくん

生年月日:1998年6月27日

年齢:22歳(2021年3月現在)

血液型:A型

所属チーム:THE PANDEMONIUM

平本選手は少年時代からまさに打撃系格闘センスのかたまりです。

 

2010年、12歳のときに全国U-15ジュニアボクシング大会で優勝。

 

2014年、16歳でK-1甲子園 -65kg優勝。

 

2015年、「新生K-1の申し子」と呼ばれ、高校2年生でキックボクシング界にプロデビュー。

 

2017年、Abema TVの「真夏のオオカミくんには騙されない」に出演。(これは格闘技関係ない。しかし、共演した女性タレントと番組終了後に交際)

 

2018年、圧倒的な強さを誇っていたムエタイ王者、ゲーオ・ウィラサクレックに日本人で初めてKO勝ち。

 

2018年9月3日、ゲーオ戦の勝利から優勝の本命と目されていた、第3代K-1 WORLD GPスーパーライト級王者決定トーナメントに出場しないことを表明。

 

出場しない理由は階級をウェルター級に上げるため。

 

2019年11月1日、K-1GYM総本部との契約が満了。フリーに。

 

2019年12月29日、RIZINと共同開催のBELLATOR JAPANに参戦。

 

2020年12月31日、総合格闘家としてRIZINデビュー。

平本蓮の出身地は?

平本蓮選手の出身地は東京都足立区。

 

過去のインタビューで団地で育ったと発言されています。

 

「僕は団地で育ったんですけど、裏の接骨院によく武田幸三(元キックボクサー)さんが来てたんですよ。団地のベランダから見てポルシェが停まってると、『あ、武田幸三がいる!』みたいな(笑)団地内の接骨院に武田幸三がいると異様な空気なんですよ。

引用:Exciteニュース

 

武田幸三さんも足立区の出身で、どうやら綾瀬が地元ではないかと言われていますので、もしかしたら平本蓮選手は東綾瀬の団地に住んでいたのかも知れません。

 

それにしても、少年時代からムエタイ王者の空気感に触れて異様さを感じていたなんて、格闘センスの片鱗がうかがえますね。

 

また、那須川天心選手とは幼なじみで、いつも練習でスパーリングをやっていたそうです。

 

その幼なじみの2人がRIZINの大舞台に立っているのですから縁というのは不思議なものですね。

 

すでに平本蓮と那須川天心とハッキリわかるほど顔だちは変わっていませんね。今と違ってただひらすら可愛いだけという。

平本蓮の身長、体重は?

RIZINの公式サイトには以下のように公表されています。

 

身長:173cm

体重:68.0kg

 

これは試合の体重ですね。

 

一昨年末のベラトールJAPAN、昨年末のRIZIN.27ともに68.0kg以下の契約ウェイトでした。

 

普段は72〜73kgだそうです。

平本蓮の入場曲は?

平本蓮選手がRIZIN.26で使用した入場曲はこちらの2曲です。

Champion Road / CHEHON
SICKO MODE / Travis Scott

 

平本蓮 ライジンの戦績は?

平本蓮選手が総合格闘家になるためにRIZINに移籍してからおこなったのは2試合。

 

しかし、その内の1戦はキックボクシングの試合です。

平本蓮のRIZINの戦績は?

2019年12月29日 BELLATOR JAPAN
RIZINキックボクシングルール 3分3R(68.0kg)
○平本蓮 vs. 芦田崇宏●
1R 2:45 TKO勝ち

 

2020年12月31日 RIZIN.27
RIZIN MMAルール 5分3R(68.0kg)
※肘あり
●平本蓮 vs. 萩原京平○
2R 1:29 TKO負け

 

RIZINと契約後の戦績(2021年4月現在)

キックルールの戦績は1戦1勝

MMAルールの戦績は1戦1敗

平本蓮のK-1(Krush含む)時代の戦績は?

詳細は省きますが、K-1及びKrushの戦績は、

14戦10勝4敗

KO勝ち5、判定勝ち5、負けはすべて判定。

平本蓮 まとめ

今回は平本蓮選手のプロフィールやRIZINの戦績と入場曲について調べてみました。

 

K-1で華々しい成績を残したたうえでRIZINに戦場を移した平本蓮選手。

 

将来的にはUFCでチャンピオンになると宣言しています。

 

萩原京平選手には、試合前の煽り合いを繰り広げた結果のKO負け。

 

それでも折れない心には、見ているこちらの胸も熱くさせてくれますね。

 

負けを認めない平本選手に対して、激しいアンチも少なからずいるようです。

 

アンチがいるのは、それだけ強烈な魅力がある証拠ですからね。

 

今後もいまのキャラを貫いてUFCのチャンピオンを目指して欲しいです。

 

ちなみに、朝倉未来選手は「2023年には彼(平本蓮)が最強になっている」と予言しています。

 

 

こちらも読まれています

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事