勝みなみ2021年のクラブセッティングは?キャディは誰?

女子プロゴルフ、いま活躍がめざましい黄金世代のひとりである勝みなみ(かつみなみ)プロ。

 

2020年はコロナ禍の影響で試合数が減ったこともあってか優勝から遠ざかっていますので、今年はぜひカップを掲げて欲しいところ。

 

今回は、

・勝みなみプロのプロフィール
・勝みなみプロのクラブセッティングは?
・勝みなみプロのキャディは?

 

以上について調査してみました。ぜひ続きをご覧ください。

勝みなみのプロフィール(身長・血液型・出身地 etc. )

プロフィール

名前:勝みなみ

生年月日:1998年7月1日

年齢:22歳(2021年5月現在)

出身地:鹿児島県鹿児島市

身長:157cm

血液型:AB型

所属:明治安田生命

 

中学3年のときからツアーに出場。15歳で参戦した2014年の「KKT杯バンテリンレディス」で史上最年少アマチュア優勝を成し遂げています。

 

2017年、19歳でプロに転向すると、2018年の「エリエールレディス」で初優勝。

 

2019年の「パナソニックオープン」では令和に元号が変わって一番乗りの優勝者になりました。

 

優勝歴
2017年 山陰合同銀行Duoカードレディース(アマ)
2018年 大王製紙エリエールレディス
2019年 パナソニックオープン
2019年 中京テレビ・ブリヂストンレディス

 

ニックネームは?  みなみ

趣味は?   映画鑑賞、スポーツ観戦

好きな色は? 明るい色

好きな食べ物は? スープ系

嫌いな食べ物は? とうもろこし

好きな芸能人は? ナムジヒョク、wanna one

リフレッシュ方法は? テレビ鑑賞、電話

自分へのご褒美は? いい成績だったらシュークリームを買う

勝みなみ2021年のクラブセッティング

 

勝みなみプロのYouTubeチャンネルから抜粋させて頂きました。

 

昨年の動画ですので2020年のセッティングになります。最新を調べられず申し訳ありません。(最新情報が入り次第こちらで更新します)

 

1W   ゼクシオX(10.5°)

     シャフト:ディアマナ50X

3W   スクリソンZ F85

シャフト:ディアマナDF50

5W   スクリソンZ F85

シャフト:ディアマナDF50

4UT    スクリソンZ H65

シャフト:Miyazaki KENAハイブリッド7

5UT    スクリソンZ H65

シャフト:Miyazaki KENAハイブリッド7

6〜9I    スクリソンZ-FORGED

シャフト:NSプロ プロトタイプ

ウェッジ

PW    クリーブランドRTX4

50°      クリーブランドRTX4

54°      クリーブランドRTX4

58°      クリーブランドRTX4

PT     オデッセイ オーワークス#1

 

ロフトのこだわりはないそうです。「与えられたものを」とのことです(笑)

 

シャフトは小学生の頃から三菱製を使っているそうです。

 

ボールを左に行かせないようにヘッドに鉛を貼っている。

 

好きななクラブは?「・・・好き?8番アイアンとか好きです」

 

ウェッジ3本のデザインは自分へのメッセージだそうです。詳しくは動画をご覧ください。(クラブへのこだわり④〜⑥)

 

クラブへのこだわり①

・安定したスピン量

・ボールの上がりやすさ

・クラブヘッドの弾きの良さ

 

クラブへのこだわり②
感触が良いものを使い続ける

 

クラブへのこだわり③
マッスルバックアイアンを使用

 

クラブへのこだわり⑦
打った時の感触がないパターが好き
クラブへのこだわり⑧
パターに「EXO」のパターカバー

 

勝みなみのキャディは誰?

勝みなみプロのキャディ情報ですが、2021年5月6日〜5月9日に開催された

 

『ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップ』では

 

大矢真一キャディがバッグを担いでいました。

 

大矢真一キャディについて詳しい情報は得られませんでしたが、これまでに多くの女子プロに帯同している現在40代半ばのベテランプロキャディです。

 

勝みなみ2021年のクラブセッティングは?キャディは誰? まとめ

今回は勝みなみプロのクラブセッティングとキャディについてお伝えしました。

 

中学生の頃から活躍しているので黄金世代と言ってもピンとこない部分もありますが、勝みなみプロには同世代の先駆けとしてさらなる飛躍を期待したいですね。

 

引き続き、勝みなみプロのを応援していきたいと思います!

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事