記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
獅庵のRIZIN戦績と入場曲は?本名と名前の由来は?

2021年6月27日に大阪で開催される格闘技イベント『RIZIN.29』に獅庵(しあん)選手が出場します。

 

3月のRIZIN.27でのKO勝利が評価され、16名で日本一を競うバンタム級トーナメントに参戦することになった獅庵選手。

 

1回戦の相手はキャリア50戦以上を誇る強豪・大塚隆史選手。いったいどんな試合になるか楽しみですね。

 

今回は「獅庵のRIZIN戦績と入場曲は?本名と名前の由来は?」についてまとめてみました。

 

つづきをどうぞ!

目次

獅庵の本名や名前の由来は?

獅庵プロフィール

名前:獅庵(しあん)

出身地:徳島県

生年月日:1988年1月6日

年齢:33歳(2021年6月現在)

身長:170㎝

体重:61.0kg

所属:パラエストラ大阪

 

獅庵選手の本名は山下泰生(やましたひろき)といいます。

 

本名は意外にもというか、リングネームを付けるくらいなので当然かも知れませんが、平凡なお名前でした。

 

しかし、獅庵というリングネームは、イケメンで男の色気が漂う獅庵選手に似合っていると思います。

 

獅庵という名前と獅庵選手の風貌にまったく違和感はありません。

 

バンタム級トーナメントでも1、2を争うかっこよさだと個人的には思います。

 

では、獅庵というリングネームの由来はどんなものなのでしょうか?

 

それは、獅庵選手が好きなB'zの稲葉浩志さんがソロで出したアルバムの名前からとっているそうです。

 

ソロアルバム『志庵』は2002年10月9日にリリースされています。

 

『志庵』とは稲葉浩志さんのプライベートスタジオの名前。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHIAN(@shian0006)がシェアした投稿

 

獅庵選手は『志庵』の「志」を格闘家のイメージに合うように「獅」に変えたのですね。

 

ある意味これもオマージュなのかも知れません。

獅庵の戦績は?

この投稿をInstagramで見る

 

SHIAN(@shian0006)がシェアした投稿

 

獅庵選手のRIZINでの戦績は、1戦1勝(1KO)です。

 

2021年3月21日に開催されたRIZIN.27において、素根寿麻選手相手にわずか1R27秒TKO勝ち。

 

まさに秒殺。伝統派空手ベースのストライカーが本領を発揮してくれました。

 

RIZINも含めたMMA戦績は、16戦8勝8敗となっています。

 

RIZINに参戦する以前は、アマチュア修斗を経験したのち、2013年にDEEPでプロデビュー。

 

同年12月からはPANCRASEを戦いの場に移しました。フライ級世界ランキング5位が最高ランク。

 

2019年からはバンタム級に上げると、主戦場をGRACHANに。

 

2020年、伊藤空也選手とのバンタム級王座決定戦に挑むも判定負けを喫し王座を逃しました。

獅庵の入場曲は?

 

獅庵選手の入場曲は、

 

SYOUNENBA(正念場)feat.TOMYUM SAMURAI / BIG BEAR

獅庵のRIZIN戦績と入場曲は?本名と名前の由来は?まとめ

今回は総合格闘家の獅庵選手についてお伝えしました。

 

ここまでの内容をざっくりとまとめると、

 

・獅庵選手の本名は山下泰生(やましたひろき)
・リングネーム獅庵の由来は不明(調査を続けます)
・獅庵選手の戦績は16戦8勝8敗
・獅庵選手の入場曲はSYOUNENBA(正念場)feat.TOMYUM SAMURAI / BIG BEAR

 

以上です。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事