curling

女子カーリング、北海道銀行フォルティウス所属の伊藤彩未(いとうあやみ)選手。

 

2021年の世界女子カーリング選手権大会に日本代表として出場されます。

 

今回は北海道銀行フォルティウス最年少メンバー伊藤彩未選手の、

 

・出身高校はどこ?
・大学に進学してる?
・かわいいインスタ画像は?

 

以上の話題についてお伝えしていきます。

 

つづきをどうぞ!



伊藤彩未のプロフィール

プロフィール

名前:伊藤彩未(いとうあやみ)

出身地:北海道札幌市

生年月日:2001年9月3日

年齢:19歳(2021年4月現在)

身長:158cm

血液型:O型

 

父親の転勤で札幌市から青森に移り住んだ伊藤彩未選手。

 

現在も中電電力で現役選手として活躍している母・薫さんの影響で小学校4年からカーリングを始めました。

 

カーリング以外の運動歴としては、小学校ではバスケットボール、中学校では陸上も並行して行ない、高校ではハンドボール部に所属。

 

カーリングの戦績として、小学校時代に日本ジュニア選手権に2014年、2016~19年の4度出場。

 

2018年、高校2年のときに『青森Jr』として「第35回全農日本カーリング選手権」に出場しプレーオフ進出。4位。

 

2021年、『北海道銀行フォルティウス』として「第38回全農日本カーリング選手権」に出場し金メダル獲得。

 

お母さんも美人!そっくりですね!

 

チームメイトの皆さんからの伊藤彩未選手評から感じたのは、最年少だけど物怖じしない性格で、おしゃべり、賢い、元気というカーリング女子のイメージそのものでした。

 

船山弓枝
明るく、お話好き。ドローウエイトの感覚良くタッチあり。

 

近江谷杏菜
分析能力に優れている、よく喋る

 

小野寺佳歩
賢いお喋りさん、勝負強い

 

吉村紗也香
良く喋る!良く笑う!安心感(いつもテンション一緒)、ドローウエイト

 

カーリングってメンタルの部分が重要ですので、ピンチでもいつもと変わらず明るく振る舞える人はチームに安心感をもたらすはずです。

 

19歳と若いのにしっかりしています。今はリザーブですが伊藤彩未選手の将来が楽しみですね。

伊藤彩未の出身高校は?

出典:青森県立青森高等学校

 

 

伊藤彩未選手の出身高校は青森県立青森高等学校です。

 

1900年に設立された男女共学の公立高校です。

 

偏差値は71

 

同校出身の主な有名人には、太宰治、寺山修司、淡谷のり子、三浦雄一郎、佐藤竹善らがいます。(敬称略)

 

様々な分野の著名人を輩出しています。歴史ある名門校といった感じですね。

伊藤彩未は大学に進学している?

伊藤彩未選手は2020年4月から北海道銀行フォルティウスの所属選手として活動しています。

 

大学には進学していません。

 

大学進学を考えていた高3の11月に、北海道銀行からトライアウトの実施が発表されたため、名門の社会人チームからオリンピックを目指す道を選んだそうです。

 

青森に残って続けようとしていたけど、五輪で金メダルという夢に近づくステップになると思った

 

大学に行けば同世代と遊ぶこともできたと思いますが、伊藤彩未選手はより高いレベルでよりはやく五輪の金メダルという選択をしたのですね!



伊藤彩未のかわいいインスタ画像

カーリング選手って本当にかわいい人、きれいな人が多いんですよね。

伊藤彩未選手も間違いなくそのひとりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayami Ito(@ayami_093)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayami Ito(@ayami_093)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayami Ito(@ayami_093)がシェアした投稿

 

クックパッドに投稿したレシピが100万アクセス突破とかスゴすぎですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayami Ito(@ayami_093)がシェアした投稿

伊藤彩未がかわいい!出身高校や大学はどこ?インスタ画像はあるの? まとめ

今回はカーリングの伊藤彩未選手についてお伝えしました。

 

ここまでをまとめると、

 

・出身高校は青森県立青森高等学校
・大学には進学せず北海道銀行フォルティウスに所属
・伊藤彩未選手はかわいい。料理も得意

 

現在はリザーブですが、まだ19歳ですので将来の北海道銀行フォルティウスを背負っていく存在になりそうな伊藤彩未選手にこれからも注目したいと思います。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事