熊本県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手

「第103回全国高等学校野球選手権熊本大会」が7月10日(土)に開幕しました。

 

夏の甲子園の切符をかけた球児たちの熱い戦いの火ぶたが、2年ぶりに切って落とされました。

 

この記事では「熊本県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手」についてまとめてみました。

 

ぜひつづきをご覧ください。

熊本県高校野球2021の大会日程


(リブワーク藤崎台球場)
出典:KSPA

開催期間 7月10日(土)〜27日(火)

1回戦     7月11日(日)〜14日(水)

2回戦        7月15日(木)〜18日(日)

3回戦   7月19日(月)〜20日(火)

準々決勝 7月22日(木・祝)〜23日(金)

準決勝  7月25日(日)

決勝   7月27日(日) 10:00〜

熊本県高校野球2021の使用球場


(県営八代球場)
出典:KSPA

使用球場(2)

リブワーク藤崎台球場

県営八代球場

熊本県高校野球2021の参加校一覧

PDF版(拡大)はこちら

参加校一覧(55チーム61校)

東海大星翔

熊本西

玉名工業

天草拓心

熊本北

芦北

宇土

小川工業

八代清流

菊池農・岱志

専大玉名

熊本

鎮西

翔陽

開新

済々黌

牛深



大津

熊本国府

熊本商業

八代東

東稜

有明

第一

秀岳館

上天草

球磨工業

城北

熊本工業

鹿本商工

千原台

高専熊本

人吉

菊池



第二

甲佐・御船・矢部・高森

阿蘇中央

鹿本

真和

水俣

天草工業

八代工業

八代

天草

小国

松橋・湧心館・八農

必由館

ルーテル学院

南稜

学園大付

熊本農業

玉名

文徳

高専八代

九州学院



熊本県高校野球2021の優勝予想

東海大熊本星翔

 

秋季、春季を連覇した東海大熊本星翔が最有力候補かと思われます。

 

捕手の植田麗は攻守の要として活躍。秋春の九州予選では4本塁打を放ち公式戦での勝負強さをアピール。

 

エースの渡邉は130キロ台のストレートと縦のカーブで緩急おりまぜた投球が持ち味。

 

 

過去10年の結果(決勝)

2010年 九州学院 7-3 八代東

2011年 専大玉名 1-0 熊本工

2012年 済々黌 7-3 必由館

2013年 熊本工 5-4 文徳

2014年 城北 2-1 文徳

2015年 九州学院 6-2 文徳

2016年 秀岳館 13-2 九州学院

2017年 秀岳館 3-1 九州学院

2018年 東海大星翔 6-4 熊本工

2019年 熊本工 7-5 九州学院

2020年 コロナ禍により大会中止

 

編集中・・・



熊本県高校野球2021のドラフト注目選手

ドラフト候補①:植田麗

 

 

名前:植田麗(うえだりく)

チーム:東海大星翔

出身地:熊本県

出身中学:熊本市立日吉中

生年月日:2003年

身長:176㎝

体重:83kg

投打:右投右打

ポジション:捕手

秋の準々決勝で2打席連発、今春の九州予選でも2発。50m6秒、俊足に強打をあわせ持つ「打てる捕手」

1年の夏はサードで出場し、マスクをかぶったのは1年秋から。

編集中・・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事