宮崎県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手

「第103回全国高等学校野球選手権宮崎大会」が7月10日(土)に開幕しました。

 

夏の甲子園の切符をかけた球児たちの熱い戦いの火ぶたが、2年ぶりに切って落とされました。

 

この記事では「宮崎県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手」についてまとめてみました。

 

ぜひつづきをご覧ください。

宮崎県高校野球2021の大会日程


(アイビースタジアム)
出典:生目の杜運動公園

開催期間 7月10日(土)〜27日(火)

1回戦     7月10日(土)〜12日(月)

2回戦        7月13日(火)〜17日(土)

3回戦   7月19日(月)〜20日(火)

準々決勝 7月22日(木・祝)〜23日(金)

準決勝  7月25日(日)

決勝   7月27日(日) 10:00〜

宮崎県高校野球2021の使用球場


(アイビースタジアム)
出典:生目の杜運動公園

使用球場(2)

ひなたサンマリンスタジアム宮崎

アイビースタジアム

宮崎県高校野球2021の参加校一覧

PDF版(拡大)はこちら

参加校一覧(47校)
  • 宮崎商業

  • 門川

  • 小林秀峰

  • 高千穂

  • 都城農業

  • 宮崎工業

  • 聖心ウルスラ

  • 都城東

  • 日向工業

  • 飯野

  • 日向

  • 日向学院

  • 日南振徳

  • 都城商業

  • 延岡星雲

  • 高鍋

  • 富島

  • 鵬翔

  • 宮崎第一



  • 宮崎海洋

  • 都城工業

  • 宮崎日大

  • 延岡学園

  • 佐土原

  • 延岡商業

  • 小林西

  • 高鍋農業

  • 本庄

  • 宮崎学園

  • 都城泉ヶ丘

  • 福島

  • 延岡工業

  • 高城

  • 日章学園

  • 延岡

  • 都城西

  • 宮崎南

  • 宮崎大宮

  • 宮崎農業

  • 日南

  • 小林

  • 宮崎北

  • 宮崎西

  • 都城高専

  • 都城

  • 日南学園



宮崎県高校野球2021の優勝予想

宮崎商

 

昨年の秋季大会を制して九州大会で4強入りし、52年ぶりにセンバツ出場した宮崎商が最有力候補かと思われます。

 

高校通算25本塁打を超える中村碧人や、九州大会で1試合3本塁打をマークした西原太一ら強打者がそろう打線は県内屈指。

 

右腕のエース日高大空は130キロ台後半のストレートのほか、スライダー、カーブ、チェンジアップで緩急自在の投球に安定感があります。

 

抑えには最速142キロの2年の長友が控えています。投打にバランスがとれ、堅守を信条とする宮崎商が甲子園に近いのではないでしょうか。

 

 

過去10年の結果(決勝)

2010年 延岡学園 6-2 宮崎第一

2011年 日南学園 4-3 延岡学園

2012年 宮崎工 5-4 聖心ウルスラ

2013年 延岡学園 7-6 聖心ウルスラ

2014年 日南学園 2-0 日章学園

2015年 宮崎日大 13-0 宮崎学園

2016年 日南学園 5-1 宮崎商

2017年 聖心ウルスラ 7-2 日向学園

2018年 日南学園 11-8 日章学園

2019年 富島 4-0 小林西

2020年 コロナ禍により大会中止

 

編集中・・・



宮崎県高校野球2021のドラフト注目選手

ドラフト候補①:西原太一

 

 

名前:西原太一(にしはらたいち)

チーム:宮崎商

出身地:宮崎県

出身中学:久峰中

生年月日:2003年

身長:181㎝

体重:78kg

投打:右投右打

ポジション:外野手

高校通算本塁打は19本超え。

九州大会では熊本の東海大星翔戦で1試合3本塁打を放って観客の度肝を抜いた。

50m6.2秒の俊足。

編集中・・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事