富山県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手

「第103回全国高等学校野球選手権富山大会」が7月7日(水)に開幕しました。

 

夏の甲子園の切符をかけた球児たちの熱い戦いの火ぶたが、2年ぶりに切って落とされました。

 

この記事では「富山県高校野球2021優勝予想やドラフト注目選手」についてまとめてみました。

 

ぜひつづきをご覧ください。

富山県高校野球2021の大会日程

出典:富山市民球場

開催期間 7月7日(水)〜29日(木)

1回戦      7月7日(水)〜

2回戦

3回戦       7月22日(木・祝)

準々決勝 7月24日(土)

準決勝  7月27日(火)

決勝   7月29日(木) 10:00〜

富山県高校野球2021の使用球場

出典:県営富山野球場

使用球場(5)

富山市民

県営富山

高岡西部総合公園

黒部市宮野運動公園

砺波市

富山県高校野球2021の参加校一覧

PDF版(拡大)はこちら

参加校一覧(43チーム45校)

高岡商

富山いずみ

八尾・片山

南砺福野

富山南

不二越工

富山工

伏木

呉羽

魚津工

北部・水橋

高岡向陵

富山第一

高朋

富山東

滑川

桜井

雄山

富山商

中央農



新川

高岡南

高岡第一

富山西

大門

高岡龍谷

入善

上市

高岡

砺波

小杉

氷見

富山

新湊

高岡工芸

砺波工

富山高専

国際大付

富山中部

未来富山

石動

魚津

福岡



富山県高校野球2021の優勝予想

高岡第一

 

春季大会を制した高岡第一は、190センチの長身から投げ下ろす最速139キロの速球が武器の大型右腕・中村来生と、変化球で打たせて取る左腕の沖田拓真が2枚看板としてチームをけん引します。

 

2塁手の辻口陸は50m5秒台の脚力と走塁センスは全国レベルに達しています。

 

長打力に秀でる選手がいない分、確実につなぐ野球が高岡第一の信条。

 

 

過去10年の結果(決勝)

2010年 砺波工 6-3 富山第一

2011年 新湊 5-4 富山国際大付

2012年 富山工 15-8 富山商

2013年 富山第一 4-2 桜井

2014年 富山商 9-3 高岡商

2015年 高岡商 5-2 富山東

2016年 富山第一 8-0 富山商

2017年 高岡商 8-2 高朋

2018年 高岡商 14-4 富山第一

2019年 高岡商 7-4 富山第一

2020年 コロナ禍により大会中止

 

編集中・・・



富山県高校野球2021のドラフト注目選手

ドラフト候補①:中村来生

 

名前:中村来生(なかむららいせい)

チーム:高岡第一

出身地:富山県高岡市

出身中学:高岡市立志貴野中学校

生年月日:2003年

身長:190㎝

体重:76kg

投打:右投右打

ポジション:投手

 

公式戦初先発の春季大会初戦で3安打10奪三振の完封勝利を挙げた。

昨年まではほぼノーマークのため将来性のかたまりのような選手。

編集中・・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事